積む・崩す

一緒に積んだり崩したりして楽しく遊ぶと良いでしょう。「高い・低い」などの言葉を覚えられます。

高く積んだら「ぐらぐら~」と言いながら崩すのも面白い遊びです。積んでる途中に崩そうとしたら、「待って~」と声をかけるとよいでしょう。
「せ~の~」と言いながら一緒に崩すと、相手とタイミングを合わせることを学べるでしょう。

最初は大人が縦に置き、その上に子供が横に置き、また大人が縦に置き…と、交代しながら積むと良いでしょう。

言葉で「横に置いて」と言うだけでなく、置く位置を指で示すなど、焦点を絞った指示をしてあげると分かりやすくなります。
長い時間がかかりますが、慣れると高く積めるようになります。座ったままで届かなければ立って積むようになります。

遊びを通して少しづつ応用力がつくようです。