反対ことばカード

『大きい・小さい』『上・下』などの言葉が分かってきたら反対ことばを教えてあげると良いでしょう。

市販の反対ことばカードには、表裏に反対ことばが印刷されています。記憶力が弱い場合、表裏では使いにくいので、少し手を加え、反対ことばが隣り合わせに並んだカードと一枚ずつの二種類のカードを作りました。

用意するもの

反対ことばカード   ラミネートフィルム

作り方

縮小コピーする時、カードの上に色画用紙をかぶせると、カードの輪郭が目立ち、周囲をカットしやすくなります。

厚紙に貼ってもいいですが、ラミネートをするといつまでも綺麗に使えます。2枚並べてラミネートする時は、カードがずれないように注意が必要です。
右側のカードにはD字管を通しました。机に接する面が平らなので、めくりやすいです。

遊び方


絵カードだけで反対言葉を理解するのは難しいようです。『大きい犬のカード』は大きい声で「ワンワン」、『小さい犬のカード』は小さい声で「キャンキャン」と言葉を添えるなどの工夫をして教えてあげるとよいでしょう。