数の分解

楽しく遊びながら数の分解を学んで欲しいと思い、CDケースを利用して作りました。これがあれば簡単に数の分解ができます。

材料

数字と同数のビーズを入れます
数字と同数のビーズを入れます

厚み1㎝のCDまたはDVDのケース
トタン

アクリルビーズ 8㎜~12㎜

数の分解図(縦×横が119㎜ぐらい)
両面テープ  透明テープ  ボンド

直径10ミリのカラー棒。1メートル120円ぐらい。
直径10ミリのカラー棒。1メートル120円ぐらい。
直径2ミリのアクリルパイプ。ハサミで切れます。
直径2ミリのアクリルパイプ。ハサミで切れます。
光る物が苦手なら木製ビーズを使用
光る物が苦手なら木製ビーズを使用

磁石(異方性フェライト磁石 直径15mm×4mm)
デコパネ

フェルト

作り方(台)

① CDケースからディスクを載せる台(写真右側)をはずす。

② CDケースの中に入れる数の分解図を作る。
③ 分解図と同じ大きさにトタンを切る。
④ トタンに分解図を貼る。
※トタンを貼ると磁石がつきます。トタンを使わずに、数字をのせる部分の裏側に磁石を貼っても良いでしょう。

⑤ アクリルパイプにビーズを通す。
※8までは12㎜のビーズを使いました。全てに12㎜のビーズを使用したかったのですが、9個以上は入りませんでした。
⑥ カラー棒を5㎜ぐらいにカットする。
⑦ アクリルパイプの端を、カラー棒の中央に差し込み、CDケースにボンドで固定する。

左12㎜  右8㎜
左12㎜  右8㎜

12㎜のビーズの方が指先で動かしやすいです。

⑧ CDケースの裏側の4隅にソフトクッションを貼る。
※ビーズの厚みを吸収する隙間ができるので、重ねて収納できます。

作り方(数字)

① 数字を印刷する。写真は36㎜の正方形です。
② 数字の表に透明のテープを貼り補強する。
③ デコパネを①と同じサイズにカットする。
④ ③のデコパネの中央に、磁石がぴったり入る穴をあけて磁石を入れる。
⑤ ①の数字を両面テープで④に貼る。
⑥ ⑤の裏面にフェルトを貼る。

磁石の向きを統一すると重なります。

操作の手順

5の分解の例

5は3と何でしょうか?
数字の3の下に、ビーズが3個になるように動かします。

残りのビーズは2個になるので、5は3と2だと分かります。
分解する数字と同数のビーズが入れてあるので、操作の手順を覚えたら簡単に答えを出せます。

5の分解例

その他の遊び

磁石を入れてあるため重ねることが出来ます。
0から10を順番に重ねたり、電話番号順に重ねたりして遊べます。磁石の感触がとても面白いです。

平成18年2月11日 病み上がり(インフルエンザ)

平成18年5月1日 小学校1年生