ひっ算用のビーズひも

繰り上がりの足し算をするための、算盤のようなビーズひもです。
ビーズを一個ずつ数えても良いのですが、赤いビーズを5、10、15…と数えられるようになることが、この教材の目的の一つです。
また、このビーズひもの利点は、式の意味が理解できていなくても答えが出せることです。
式の意味を理解して解くのが一番ですが、理解していなくても、答えが分かった方が良い時期があるように思います。
電卓を使えば答えを出すことは簡単ですが、自力で解くと、できたという喜びが大きいです。

材料

ペットボトル (蓋にストローを挿す穴があります)
ビーズ (12㎜・ピンク20個、赤5個)

ビーズ2個 (10㎜程度・青)
ひも (ナイロン系がビーズを動かしやすい)

作り方

ペットボトルのふたにひもにひもを通し、ビーズで固定します。

ひもにビーズを通します。
5番目、10番目、15番目、20番目、25番目に赤いビーズがくるようにします。

使い方

15+16=

15の一の位の5を右側に移動させます。

16の一の位の6を右側に移動させます。

5番目の赤いビーズを5と数えます。

10番目(2個目)の赤いビーズを10、その次を11と数えます。

ひっ算の十の位の上に1、一の位の下に1と書きます。

算盤で言うところのご破算です。

十の位の1、1、1を右側に移動させます。

十の位の下に3と書きます。