蓋を使って神経衰弱

トランプの神経衰弱は複雑ですが、これは簡単です。
また、薄いカード類はうまく裏返せませんが、蓋には厚みがあるので裏返せます。
自分の持ち札(蓋)は必ず偶数になるので、「2、4、6…」と数える練習ができます。
母親の順番の時に、有香が答えを教えてくれました。
神経衰弱のルールを覚えるだけでなく、『人に答えを教えると自分が負ける!』ということも理解して欲しいと思います。
最初は8個ぐらいから初めて、慣れたら数を増やすと良いと思います。

用意するもの

蓋の内側に貼るシール

適当な容器の蓋(写真の蓋は直径約45ミリ、高さ約12ミリ)  

作り方

蓋の内側に2個ずつ同じシールを貼ります。

遊び方

蓋はきちんと並べた方が分かりやすいです。

蓋を二個裏返します。

絵が合わなければ元に戻します。

次の人が、また、蓋を二個裏返します。
裏返した二個の絵は合いませんでしたが、先ほど、オレンジの丸があったので、次の人はとれそうです。


元に戻します。

次の順番が私なら、まずこの蓋を裏返し、記憶違いではなく、この蓋がオレンジであることを確認します。

それから、上段のオレンジを裏返します。
有香にそういう知恵がついたら良いな…と思います