文字の意味を理解するために

ひらがなが読めるようになってから半年ほど過ぎても、単語に意味があると気づかないようでした。
『りんご』と書いてある文字を「りんご」と読んでも、それが果物のりんごと結びつかないのです。
そこで、文字の意味を理解させるための教材を作りました。
字が読めたらすぐに本が読める…というわけではなさそうです。

用意するもの

紙コップ  ミニチュアの果物など

作り方

紙コップに、ミニチュアと同じ名前を書く

遊び方

例1
紙コップに書いてある名前と同じミニチュアを、紙コップの上に置いてもらいましょう。
言葉がけに工夫して、楽しみながらやることが大切だと思います。

例2
『めろん』と書いてある紙コップの中に、子供の注意を引きながら、メロンを入れます。
ぐるぐると動かしてメロンの入っているコップを当ててもらいましょう。
何度も繰り返すと、紙コップに書いてある『めろん』という文字が、果物のメロンを示していると気づきます。

二つで分かるようになれば、数を増やしましょう。

紙コップに名前を書いていない物をまぜたりするのも良いでしょう。

効果

ある日、駐車場の出入り口の道路に書いてある『とまれ』という文字を見た有香が「とまれ?」と不思議そうに言いました。
『とまれ』という文字が、自分に対して『止まりなさい』と言っていることに気づいたのです。
有香がはっとした表情を浮かべました。文字に意味があると理解した瞬間でした。
また下駄箱に貼ってあるお友達の名前を読むようになりました。
名前を形(ひらがなが並んだ形)で識別していましたが、読めば良いと気づいたようです。
有香はこの遊びにより、文字には意味があると気づきました。