文字の意味を理解するために

文字(単語)が読めるようになっても、文字の意味を理解しているとは限りません。
例えば、「あか」と読んでも、それが赤い色のことだと気付かないのです。
子ども自身が文字には意味があると気付くような遊びが必要だと思います。

用意するもの

カラフルなボタン
ボタンを入れる適当な容器 など

これからご紹介するのは、色と形の識別ができるようになってからの遊びです。

遊び方 文字に従い色で分ける

カードの文字に従って、色別に分ける練習をしましょう。

赤と青を間違えることがなければ、色を増やしてみましょう。

遊び方 文字に従い形で分ける

カードの文字に従って、形で分ける練習をしましょう。

慣れてきたら、いろんな形のボタンの中から、二種類ぐらいのいボタンを探してもらいましょう。

遊び方 文字の色を見て選ぶ

遊び方 二つの要素を組み合わせて分ける

『文字と色』 『形と色』のように二つの要素を組み合わせた分け方をしてみましょう。