数字と個数のマッチング

1、2、3…と数列を言うことと、数字の1は物が1個、数字の2は物が2個、数字の3は物が3個あることを示す…ということを理解するのはまったくの別問題です。
このマッチングは磁石の特性を利用しているので、答えを間違えることはありません。

材料

CDケース
数字を印刷した紙
磁石(異方性フェライト磁石 直径15mm×4mm)
トタン
果物の絵
デコパネ
フェルト
両面テープ など

作り方

【台】
①CDケースの正面に数字を書いた紙を入れる。
②CDケースの中にトタンを入れ、その上に①と同じ紙を置く。

③紙の上に磁石を置く。 (磁石の向きに注意)

【台に置くもの】
①デコパネを絵より一回り大きいサイズにカットする。
②中央に磁石が入る穴をあけ、磁石を入れる。
③デコパネに果物の絵などを貼る。
④③の裏側に両面テープでフェルトを貼る。

ポイント

・デコパネに入れる磁石の向きを統一する。
・正解の数字を変える時には、それに合わせて、台に入れてある磁石の向きを変える。