動物の絵合わせ

絵の内側にトタンが入れてあります。果物の絵の裏側にはマグネットシートが貼ってあります。ペタッとくっつき、ずれません。単純な絵合わせから、記憶が必要な遊び方までできます。

材料

絵(絵本からカラーコピーまたは自分で描く)
ソフトカードケース4枚
トタン4枚
マグネットシート
両面テープ
透明な荷造り用テープ など

作り方

① テーブルにお皿がある絵と無い絵の二種類を作る。
② ①を表裏が同じ動物になるように、両面テープでトタンに貼る。
③ ②をソフトケースに入れて、透明なテープで口を閉じる。

絵の表面に透明なテープを貼り(汚れ防止・補強)お皿に沿ってカットする。

裏面にマグネットシートを両面テープで貼る。

遊び方

【絵合わせ】
始めは果物の絵合わせをして遊びます。
「ブタさんにりんごをあげて」などと何回も繰り返すと、動物と果物の名前を覚えてくれます。

お皿の上に置かずに動物の口の上に置いたら「もぐもぐ」と言いながら食べる真似をしても良いでしょう。

「りんご美味しいね」などと言葉をかけながら遊ぶと良いでしょう。

【記憶力を伸ばす】
果物が描いてある絵が表になるように、絵を置きます。
「お皿の果物をよ~く見てね」と声をかけてから絵を裏返して「何を食べていた?」と質問し、テーブルに同じ果物の絵を置いてもらいます。
置いた果物が正しかったかどうかを絵を裏返して確かめます。
正しければ拍手をしたり言葉で誉めてあげましょう。間違っていれば「あれ~?」「ブー」「残念!」などと声をかけ間違いに気付かせてあげましょう。

同じ果物の絵を2個以上作ると、テーブルの果物の絵の上に別の絵を貼ることができるので、毎回動物の前にある果物を変えることができます。

【遊びに数を入れる】
「1個づつあげて」
「2個づつあげて」
「猫ちゃんにいちごをあげて」
「犬にぶどうとりんごをあげて」
など、言葉を使って遊べます。