ホーム言葉と成長の記録誕生から保育園卒園まで>言葉の記録(保育園・年長)

 

言葉の記録 保育園・年長

2005年4月


≪年長・4月1日≫
母親「紅茶飲もうか?」
有香「嫌や、熱いから食べられない」

 

…エンゼルパイを持って
有香「お母さんに食べさせて下さいよ!」
母親「お母さんが食べさせて下さいよ」
有香「お母さんが食べさせて下さいよ」

 

有香「有香ちゃんバス乗りたい」
父親「バス乗ってどこ行くの?」
有香「 駅。有香ちゃん電車乗りたい」
父親「電車乗ってどこ行くの?」
有香「三ノ宮」

2005年5月


年長・5月1日≫
…父親が一人で風邪薬を飲むのを見て
有香「お父さん一人で出来るの?すごいなぁ~」


有香「何食べてるの?」
父親「ビスコ」
…父親が有香にビスコをあげました

有香「ありがとう」
有香「『どういたしまして』って言うのよ!」
父親「どういたしまして」
有香「いいよ」
父親「マナ~指導者かぁ~~~」

2005年6月

年長・6月1日≫
…最近、有香がよく言うセリフ。
母親「汚いから止めて!皆に嫌われるよ!」
有香「皆って、誰?」

 

…絵本を読みながら、主人公に質問。
有香「何考えてるの?」

 

…有香がお風呂に入りたがりません
母親「髪の毛洗わないと、明日美容院にいけないよ」
…お風呂で父親が髪の毛を洗う
有香「有香ちゃんね、お父さんがね、髪の毛綺麗綺麗した。散髪の先生が喜ぶで~」

2005年7月

年長・7月1日≫
…運転中、数台のバイクを追い抜こうとしたら、県警のバイクでした。
母親「有香ちゃん、おまわりさんやったわ」
有香「違う。おじちゃんや。おまわりさんは犬!」
童謡『犬のおまわりさん』が好きです


年長・7月2日≫
…母親がバナナを食べていました
有香「それ何?」
母親「バナナ」
有香「違う。バナナピアー!テレビで言ってた」
そう言えば、NHK教育テレビの『英語であそぼ』で、バナナの皮のことを「バナナPEEL.」と言っていました。

2005年8月


年長・8月4日≫
…ジャスパーのレストランで食事中に、急にホームシックにかかりました。
有香「帰る!」
母親「どこに帰るの?」
有香「Hちゃん(隣人)の近く!Hちゃ~~~ん!」
母親「有香ちゃんはどうしたいの?」
有香「Hちゃん、Hちゃん、有香ちゃんなぁ~あのなぁ~、Hちゃんとこでなぁ~トイレ行きたい!」

2005年9月


「何で?」「どうして?」という質問に答えてくれることが増えました。

年長・9月1日≫

…有香と朝から小競り合い。保育園で別れ際のことです。

母親「もう今日は迎えに来ないから、保育園に泊まってね」

…日中、担任の先生が有香に質問

先生「有香ちゃん、今日は保育園に泊まるの?」

有香「お母さん優しいから迎えに来る!」

 

年長・9月2日≫

…保育園の前で

有香「有難う」

母親「何が?」

有香「お母さん、保育園に連れて来てくれて有難う」

2005年10月


時間と曜日について質問をするようになりました。時間と曜日の観念が出来てきたようです。また、お友だちのフルネームを覚え始めました。名字の存在に気づいたようです。 時々、有香の記憶力と観察力に驚かされることがあります。 経験した出来事をかなり正確に伝えることが出来るようになりました。

 

年長・10月3日≫

…有香がパソコンの前でキーボードをカチャカチャと忙しくたたいていました。

有香「有香ちゃんのホームページ作るの」

父親「どんなホームページ作るの?」

 

有香「何か飲みたい。何か飲みたい」

…母親は用事中で、聞き流していました。

有香「のど渇いた~~~!」

2005年11月


ある日突然「バンクーバー」「泡のお風呂があったでしょう!」と言いました。バンクーバーへ行ったのは5ヶ月近く前です。“ふいに思い出す”ということがあるようです。 今まで『保育園』『小学校』と言っていましたが、最近『○○保育園』『○○小学校』と、名称が入るようになりました。

 

年長・11月2日≫

…有香が洗面台の下の扉を開けっ放しにします

母親「ごきぶりが来るから閉めといて」

有香「開けとくわ!」

2005年12月


テレビ番組やコマーシャルに敏感に反応するようになりました。一度聞くと耳に残るようです。観察力や記憶力が伸びました。有香に指摘されて思い出すことがいろいろあります。ある面の記憶力に於いて母親は有香にかないません。父親は有香からおもちゃの使い方の指導をされています。応答がとてもよくなり、問いかけに対して機敏に返事をするようになりました。

 

年長・12月1日≫

…保育園の連絡ノート(音楽会の練習について)を読んで、有香に注意をしました。

母親「ちゃんと歌ってよ。バタッと倒れたり、前に出てきたりしたらあかんよ!お母さん怒るよ」

有香「どうやって?」

母親「バ~ンって」

有香「お母さん怒らないで、ちゃんと歌うから」

母親「じゃあ、練習をしよう」

有香「保育園でやるわっ」

母親「こけたらダメよ」

有香「はい、もうしないから!」

2005年1月


話がよく通じるようになりました。応答が機敏になり、返事にバリエーションがでてきました。

1月に寝違いで首の調子が悪かった時と、2月にインフルエンザに感染した時は応答が悪かったので、体調が悪いと、何となくぼんやりするようです。

年長・1月1日≫

…お正月を香住で迎えました。朝ごはんの海老を見て言いました。

有香「ザリガニは目が開いているから食べられない!」

…お土産に買った蟹が、車中でガサゴソ音を立てていました。

有香「この音、誰?」

母親「蟹よ。有香ちゃんが良い子にしていなかったら、後からハサミで噛まれるよ!」

有香「シールが貼ってあるから大丈夫!」

蟹の爪がバンドで縛られていることに気づいていたので驚きました!観察力が増したようです。

2005年2月


日常生活において、意思の疎通に困ることはほとんどなくなりました。有香の言葉が聞き取れなくて聞きなおすと、別の言葉で分かるように説明してくれます。

 

年長・2月1日≫

有香「明日、海苔巻き。鬼さん来るで」

母親「誰が言ったん?」

有香「有香ちゃんよ~~~」

母親「誰に聞いたん?」

有香「先生よ~~~」

父親「明日(保育園で)豆まきするの?」

有香「でも、有香ちゃんできへん。鬼怖いから」

2005年3月


年長・3月2日≫
…ウィルスバスターのケースを見て
有香「これ何?」
母親「パソコンのお薬」
有香「どっから入れるの?」

 

…知らない人に、自分から話かけることが増えました。
有香「どこ行くの?」
通りすがりの人「郵便局へ行くの」