果物の絵合わせ

果物の名前や色が覚えられます。台紙にトタン、果物には磁石を入れてあるので、一度置くとずれません。

材料

ソフトカードケース
台紙(厚めの紙)
デコパネ(果物の土台)
フェルト
絵 
磁石(異方性フェライト磁石 直径20mm×内径10mm×高さ6mm)

トタン
両面テープ・ボンド・透明テープ など

作り方

【台】
①トタンに台紙を両面テープで貼る。
②①に果物の絵を貼る。
③②をソフトカードケースに入れて口を透明テープで閉じる。

【果物】
①絵の表面に補強のため透明テープを貼る。

②絵を輪郭より少し大きめにカットする。
③デコパネを②より少し大きめにカットする。
④③の中心に磁石が入る穴を開ける。
⑤絵を両面テープでデコパネに貼り、絵の輪郭に沿ってカッターでカットする。
⑥ボンドで穴に磁石を固定してから裏面に両面テープでフェルトを貼リ、余分をカットする。

遊び方

初めは隣り合わせの果物を順番に手渡してあげると良いでしょう。離れた果物を渡すと視野に入りにくいようです。
「パイナップル」「ぶどう」などと言いながら手渡すと、果物の名前を覚えてくれるでしょう。
慣れてくると、果物の向きまで気にするようになります。
絵と本物の果物を見比べさせて同じということを教えてあげるのも良いでしょう。

裏面
裏面