型はめ

型はめは文字の認識に繋がる大切な遊びです。文字が読めない時期でも、形(文字の集まり)で自分の名前を識別できるようになります。丸・三角・四角などの簡単な物を作ると良いでしょう。丸がはめれるようになったら、四角、そして三角へとすすみましょう。
三角は向き(▲ ▼)が違うと、同じ物と気づきません。▲と▼が同じと認識できるまでには長い時間が必要です。

材料

木の円柱・三角柱・立方体など(1辺が5~6㎝)
コルクボード

★2種類の型はめを作りました。
①木とコルクを使って、木の台にコルクの枠をはめる物
②コルクの枠に木をはめ込むと平らになる物

作り方

①円柱(直径6㎝)をコルクボードの厚み分(約1㎝)鋸で切ります。
②カッターで、コルクボードを直径13cmの円形に切り、その中心に円柱の直径+3㎜の穴を開けます。
(厚みのあるコルクを切るのは難しいので、薄いコルクを加工してから数枚を貼り合わせた方が作りやすいかもしれません)
※写真では左上の円柱を木の台(10×10㎝)に貼ってありますが、台は無い方が良いようです。

遊び方

最初から手に握らせて「はめてごらん」と言っても、はめることは出来ないだろうと思います。
まず、型の上に1㎝程ずらして置き、ちょんと押すだけではまるところから始めましょう。
押してはめる練習を繰り返し、最後に手に握らせて、はめられるようにと導きましょう。

手に握らせて、一人ではめられる様になったら、形を見分ける練習をしましょう。

違う型に入れようとしたら、それとなく手でふさぎ、間違える経験をさせないようにすると良いでしょう。

あるいは、それとなく引いていき、視界からはずします。
大切なのは、大人が子どもに『間違えさせない』工夫をすることです。
型はめに限らず、成功体験を積ませることが大切だそうです。
成功したら、大げさに褒めることも大切だそうです。