ホーム見て判断する能力・手の働きを育む>ペットボトルの棒挿し

 

ペットボトルの棒挿し


ペットボトルの口に棒を挿し込んで遊びます。思い通りに手を動かす練習になり、位置に対する感覚も身につきます。また、色合わせにも使えます。
1本のペットボトルにつき長・短2本の棒を作り、棒の長さによる握り方や入れやすさ、また棒の取り出し方の違いを体感できるようにしました。



用意するもの


キリンちびレモンのペットボトル4本(現在廃盤)
棒用アクリルパイプ (外径15㎜×内径10㎜) 16㎝×4本・8㎝×4本
本体用アクリルパイプ(外径21㎜×内径18㎜) 11.5㎝×4本
波板取り付け用スポンジ 直径20㎜高さ7㎜を4個
8ミリのビーズ4色(各色100個位)

コルク栓(0番)16個

ボンド(透明多用途・片面塗布タイプ)


作り方


①棒用アクリルパイプにビーズを入れ、コルクで栓をします。

 

②ペットボトルに色別にビーズを入れます。

③本体用アクリルパイプの片端の内側5㎜にボンドを塗り、波板取りつけ用スポンジを1個詰めます。
④ペットボトルを横に倒して②のアクリルパイプを口から差し込みます。ペットボトルからアクリルパイプが抜けないように、ボンドで固定させます。

 

口をビーズと同色の塗料で塗ると、口の位置が分かりやすくなります。(子供はペットボトルの口を舐めるので、口の内側に塗るほうが良いかもしれません)

 



遊び方


棒をペットボトルの口に入れる

始めはうまく挿せなくても何回も繰り返すことにより、手とペットボトルの距離を把握できるようになります。
また、『棒をどのように握ったら挿しやすいのか?』とか『ペットボトルを机に置いて挿すより片手で握った方が挿しやすい』などを自分で考えて工夫をするようになります。
何回も何回も繰り返して、自分で経験して習得したことは忘れないようです。


色合わせ 

棒が挿せるようになったら、色合わせで遊べます。

 

音を楽しむ

マラカスのように楽器代わりに遊べます。

 


効果


遊び方を子ども自身が開拓していきます。意外な使い方をして驚くことがありました。
うまく挿せた時に「入った。上手!!」と拍手をしながら声をかけていたら、有香が「入った!」と言うようになりました。

また、8 ㎝の棒は逆さまにしないと取り出せません。逆さまにして棒を床に落とし「おちた!!」と言うようになりました。
ある日、『ジュースのパックに挿してあるストローを抜いて自分で挿しなおす』ということを何回も繰り返すようになりました。こんなに小さい穴にストローを挿せるということに驚きました。

 


棒挿しを透明のペットボトルを使って作った理由


有香が棒挿しの課題を頂いたとき、安藤先生が木製の棒挿しを見せてくださいながら仰いました。
「子どもは見えなくなれば無いと思う。この部分が透明なら、ささる様子が見えてもっといいんだけど」


それから数日は『透明』で頭がいっぱいになりました。『ペットボトルだ!』と閃いたときは、とても嬉しかったです。
ペットボトルの口径にあう素材を探すために、ペットボトルを握りしめてホームセンターを歩き回りました。


ホームへ
ホームへ