ひも通し

プラスチックケースを針に見立て、ビーズのチップを通して遊びます。同じ色を通す色合わせだけでなく、違う色を通して綺麗な縞模様を作って遊ぶこともできます。
ひも通しの目的は両手が違う動きをすることなので、細いひもと小さい穴のビーズを使いイライラするぐらいなら、やらない方がましだそうです。

材料

チップ挿しの色合わせで作ったビーズのチップ

【一色分の材料】

プラスチックケース1個 (ビーズの空き容器)

6㎜のビーズ14個(ビーズのチップと同色)  
特殊耐寒チューブ(透明) 内径6㎜×5㎝
ひも50㎝(ビーズのチップと同色)  
結束バンド1本(ビーズのチップと同色)
セロテープ

ボンド(透明多用途タイプ) など

作り方

プラスチックケースにビーズを入れ、蓋をボンドで固定します。
ひもの端を蓋の穴に通して結束バンドでとめます。

①ひもの端をセロテープできつめに巻きます。

②カッターで特殊耐寒チューブの2箇所に切り目を入れ、ひもを通し結び目を作り、セロテープを外します。
③ボンドをつけ、特殊耐寒チューブの中にビーズを押し込みます。

遊び方

手を持ち替えなければ通せないので少し難しいですが、とても楽しく両手を動かす練習ができます。