楽しいおうち

はいはいができるようになってからも、じっとしていることが多かったので、そのことを安藤先生にご相談すると、「動く楽しみがないからです!」と仰いました。そこで、動く楽しみを与えるために、楽しいおうちを作りました。

有香はこのおうちが大好き。穴や扉がたくさんあるので、出たり入ったり自由自在に動き回り、はいはいを楽しむようになりました。

ダンボールで自分だけの空間づくり

材料

【段ボール】

40cm×100cmの長方形24枚

 【装飾用品】

紙・絵本・割れない鏡・ビニールひも

 【接着用品】

両面テープ・強いガムテープ・ボンド・糊

 【あれば便利な道具】

コンパス・円形が切れるカッター・カッターマット・長い定規

制作のポイント

・丈夫にするためにダンボール2枚を張り合わせて1つの面にします。全部で12面あるのでダンボールは24枚必要です。

・厚みのある強いダンボールを使うと、強度のあるおうちが作れます。

・ダンボールとダンボールの継ぎ目にあそび(よゆう)を持たせると、蛇腹に折りたたんで収納できます。

・好奇心を刺激して、はいはいで動き回りたくなるように、興味を引きそうな装飾を施します。


作り方


遊び方

最初通れなかったこの穴は床から6㎝のところにあります。それがいつしか、自由自在に。毎日の変化に驚きます。
あちこちの穴から声をかけてあげてください。「次はどこ?」と考えるようになります。予測してキョロキョロする姿もかわいいですよ。
右側に少し見えているのは滑り台です。穴からおうちの外に出てきたら滑り台でまたおうちの中に入ることもできます。
左側の鏡もお気に入り。よく見とれています。安全性を考えて自動車用の割れない鏡にしました。

補強具

おうちがしっかり立つように四隅に金具を作り、目立たないように同色の紙で貼りました。