はいはい階段

ずりばいからなかなかはいはいに進めない有香のために作りました。はいはいの良い姿勢を自然に身につけられるように階段には8㎝(個人差があります)の段差をつけました。

遊びながら楽しく筋力トレーニングができます。坂で滑らないようにすべり止めがついたマットを乗せました。

用意するもの

【段ボール】 私が使用した物

縦32.5×横57×高さ14cmの箱5個

飲料用の段ボール数個  牛乳パック など

作り方

箱の内側はダンボールや牛乳パックの中にダンボールを詰めた物などを詰め補強してあります。ぎっしり詰めれば大人が座っても大丈夫です。
坂の部分はペットボトルが入っていた箱(ペットボトルの重さに耐える様に頑丈に作られています)を何個も組み合わせて作りました。坂の傾斜は子供さんに合わせると良いでしょう。

収納を考え、階段と坂に分けて作りました。

板状の部分を階段の最上段にかぶせて(A)を階段の端に垂直に差し込むことで、坂と階段が離れないようにしました。


収納方法

坂の部分を矢印の向きに重ねます。

階段は折り重ねられる様に、三か所繋げています。

遊び方

自分で遊ぶことがトレーニングになります。

好きな所から上っては下りて、上っては下りて…。

初めは頭から落ちていたのに、足から下りることを自然に覚えました。

視界が変わるためか一番高い所が大好きです。

遊びつかれたら階段の途中で寝ていることがあります。
歩いたり走ったりできない子供にとって、この階段は絶好の遊び道具です。
食べて、遊んで、眠って…。ぐずることはほとんどありません。

 

歩くようになってからも、階段の上り下りや、ジャンプなど、楽しく遊べます。